良いところを選びたい|頼れる病院があればいつでも相談できる【内科の役割もチェック】

病院を選ぶためのコツを知りスムーズな利用に繋げよう

地域に密着した病院

在宅医療やリハビリなど、病院では突発的な病気や怪我だけでなく日常的に利用して健康を保つための医療サービスを提供してくれています。そのため、多くの人が病院を訪れていますが、利用するためには予約などの手続きが必要となります。

外来を受診するまでの一般的な流れ

受付で手続き

再診の場合は受付をしてすぐに診察室の前で待つことができるのですが、初診の場合と三ヶ月以上受診がない場合とでは少しずつ流れが違ってきますので注意です。初診で紹介状がある場合は受付に紹介状を渡し、問診のための表に記入をします。

診察や検査

診察をする際には、他院から検査のみ受ける人は初診受付をしてからすぐに診察と検査を始めることが多いです。紹介がなく、診察をしてその他異常が見受けられたり、詳しく調べたいという場合は医師の判断が必要です。もちろんCTなどは突然受けることはできません。

会計や処方

初診の際は様々なデータが必要になることがあります。そのため、体重や血圧、身長などのデータを収集するのです。こういった事情があるため、再診の人よりも初回は請求される医療費が高くなることが多いのです。診察の料金は科によって異なります。

良いところを選びたい

ドクター

自分に合った病院を選ぶ

大阪の平野区にはいくつか病院がありますが、やはりなにかあったときに通いやすいところにある病院が良いため、近辺の病院を選ぶという人が多くなります。特に平野区で透析治療をしているという人は、週に何回も透析をすることになるため近隣の方が身体に負担もかからないでしょう。

選ぶポイント

不安な病気があるなら良い病院を選びたいので、遠方にあるところでも大丈夫という人もいます。せっかく遠くの病院を選ぶのですから、失敗しないように病院選びのコツも覚えておきましょう。・病院を受診する患者の数・規模と診察科の数・医師やスタッフの対応こういった点はその場所に行かないまでも知ることができるので、ホームページをチェックしたり、その医院の前を通りかかったりして観察すると良いです。

特に医師とのコミュニケーションが大事

特に治療の中心になる人ですから、医師がどんな人なのかは知っておきたいものです。一度診察を受けたからといって、そのまま手術や検査をしなければいけないというわけでもないので、患者のセカンドオピニオンの権利を利用して色んな病院を利用してみるのも大事です。医師とコミュニケーションが取りやすい、また丁寧な治療をしてくれる病院というものはスタッフの対応も細やかなので期待できます。

広告募集中